ドケルバン症候群

手の母指の腱鞘炎です。親指を手の中に握りこんで小指側にまげると痛みます。 その患者さんをみた時のお話です。 病院で、ドケルバン症候群だと診断されていらっしゃいました。 最初の主訴は腰痛でいらっしゃり、腰痛がよくなってから ドケルバン症候群だと言われているとおっしゃいました。 「そんなものは治りませんよね?」と言われたのです。 その時私はドケルバンの人をみたことはなく、、、 それはグラストンを初めて間もないころでした。 グラストンテクニックでドケルバンがよくなるらしいことは聞いて いました。 「やってみますか?」から始まったのですが、 これが良くなったんです それからはドケルバンの診断はないけど、母指の腱鞘炎の方は何人も みてきました。 長くかかる人、早く痛みがなくなる人、個人差はありますが、 1回でもまあまあ軽くはなります。 でも、急性の炎症が起きている時はグラストンは患部はできません。 病院で注射などをうったあとも1週間はあけます。 その方は病院注射は楽にならなかったようでした。 こんな手法もあると知っていただきたいです。

千手庵カイロプラクティック院

"あなたの日常を取戻す からだ改善のお手伝い" 肩こり・腰痛・頭痛・膝痛 骨盤矯正・脊椎矯正 関節の不具合痛み 筋膜リリースなど 主に筋骨格系の問題をみつけ 改善に導く施術をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000